search this site.
topic
【Blitzkrieg2】
 第二次世界大戦RTS
【Harpoon3:ANW】
 現代海戦ウォーゲーム
【Up Front】
 VASSAL Game Engineでアップフロントをプレイする
【ATFレポート】
 Armored Task Forceを使って陸戦で指揮統制する
【Riskレポート】
 コンピュータゲーム版リスクをプレイする
categories
archives
profile
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
アクセスカウンター
ACCESS COUNTER
今日: ACCESS COUNTER
昨日: ACCESS COUNTER
sponsored links

2009.11.17  スポンサーサイト - -

| - | - |

一定期間更新がないため広告を表示しています



この記事のURLは: http://ryunsk.jugem.jp/?eid=

2006.08.23  VASSAL Game EngineでUp Frontをプレイする - その他のゲーム

| comments(11) | trackbacks(1) |

1.それはメッセでのやりとりから始まった・・・


「短時間(30分〜1時間)でサクっと遊べかつ思考できる手軽なネットゲームはないかなぁ・・・」と、メッセンジャーでチャットをしている時に話題になりまして、まずはネットゲームの種類とプレイ時間について調べてみました。

ネットゲームの主流の一つであるMMORPGは、プレイに非常に時間がかかるのは皆さん御存知だと思います。
MMORPGはキャラクタのレベル上げなどの育成を行いながら世界を旅し、各地の事件を解決する事で喜怒哀楽する連続作業を、通常、数ヶ月の期間をかけてプレイしていきます。
次の土地(又は目標)へ行くためにはキャラのレベルを上げなければならないので、どうしてもゲーム中の行動がレベル上げ、クエスト消化の作業プレイになりやすいです。
こういった特徴を持つのは、コンピュータRPGが”ゴールまでの過程を楽しむ”遊び方である事と、”ゴールへ到達するまでの時間を長くする事で作品の寿命を伸ばす”必要があるためです。
シングル用RPGに比べMMORPGの場合は、多人数のプレイヤーが同じ世界で同時に活動できるので、ゲームを通して他のプレイヤーと出会いがあったり、仲間を集めてギルドを作りサークル活動の様な遊び方をする事が出来ます。

一方、同じネットゲームでもCSやBF2などの対戦型FPSでは、キャラの育成などは必要ないためにいつでも好きな時に接続して相手と同じ条件で対戦する事が出来ます。
対戦時間もゲームで設定されたルールやチケット数にもよりますが、1ゲーム10分〜数時間程度の範囲でプレイでき、BF2などではだいたい30分程度で勝負が付く事が多いです。
しかし、対戦型FPSの場合は常にある程度の数の対戦相手が居ないと成り立たないシステムなために、プレイヤーがログインしていない過疎な時間帯ではプレイしたくても出来ない状況が発生します。

その他のネットゲームには、シミュレーション系のRTSや、ゴルフやバスケット、レースゲームなどのアクション系、麻雀、オセロ(リバーシ)、トランプゲームなどの往年のゲームも存在します。

さて、ここまで現在のネットゲームの種類に付いて簡単に見てきましたが、これまでに上げたゲームの種類の中に当てはまらない、一つのジャンルに気付きました。
それはトレーディングカードゲームと言われるジャンルで、古くは「マジック:ザ・ギャザリング」(M:tG)からポケモンまで、リアル世界では今でも非常に人気のあるジャンルです。

実はMMORPGの業界でも、稼動中のゲームにカード・システムを実装し、プレイヤーがゲーム中にカードバトルやカードの交換が出来るようにしている作品があります。
しかし、これらはあくまで既存のMMORPGに取って付けたようなシステムなため、現在はまだトレーディングカードゲーム専用の大規模なオンラインゲームは発売されていません。

-----
[2006年8月31日追記]
オンライン対戦カードゲームとして「Alteil」という作品が出ていました。
基本セットだけなら無料でプレイ出来るようなので、興味のある方は御参考までに。
Alteil(アルテイル)公式サイト
4Gamer.net:アルテイル記事一覧
-----

トレーディングカードゲーム形式のゲームの利点は、FPSなどのように1ゲームのプレイ時間が短いので気軽に始められる事と、MMORPGのようにアイテム(カード)を集める楽しみがある事、シミュレーションゲームなどにみられる勝つ為のカードのデッキ(組み合わせ)を考える楽しさがあると思います。
また、商業的にはリアル世界のトレーディングカードゲームの商法がそのまま利用でき、レアなカードの入手の難しさを利用した購買数の増加やユーザー同士のカード交換などの内容を、オンラインではアイテム課金制度やRMT(リアルマネートレード)などで実現できるでしょう。他にも、ゲーム運営委員会の様なものを創設して、クラン(ギルド)戦の全日本大会などを開催する事で、プレイヤーコミュニティの活性化やe-sportsなどの分野にも進出しやすいと思います。

こういった感じで近い将来には大規模なオンライン版トレーディングカードゲームが確実に現れると予想していますが、先駆けとなるメーカーがどこになるのかが非常に楽しみです。

参考:【「Magic: The Gathering」タカラトミー(日本語)
コンピュータゲーム化されたM:tGのシングル用デモ版が有ります。
トレーディングカードゲームがどんなものか興味がある方は御参考までにどうぞ。


2.「Up Front」(アップフロント)というカードゲームを思い出す


それでは次に、現在はこのようなオンライン・カードゲームが全く存在しないのかを調べてみました。
昔の話になりますが、「マジック:ザ・ギャザリング」などが出る前から既にカードゲームと呼ばれているものは存在していまして、私はその中でも特に「Up Front」というゲームが好きでした。
「Up Front」は1983年に”Avalon Hill”社から発売され、国内ではホビージャパンによって日本語版が発売された、第二次世界大戦を舞台に小隊を率いて敵の小隊と対戦するカードゲームです。
ボード版のシミュレーションゲームが流行った時代のゲームなので、知っている人はかなり少ないと思われますが、小隊の移動や戦闘などの行動をカードを用いて表現している斬新さと、プレイ時間の短さが手軽で、よくプレイしていた記憶があります。

通常、トレーディングカードゲームは現金を浪費してひたすらレアなカードを集める事を要求されますが、この頃のカードゲームにはまだそのような概念がなかったので、パッケージを購入するだけで両者とも互角の条件で対戦する事が出来ます。

Wiki:ウォー・シミュレーションゲーム(日本語)
boardgamegeek.com:Up Front紹介(英語)
Wiki:Up Front(英語)

上記のリンクから「Up Front」のゲーム内容やプレイ風景、カードの画像などを参照する事が出来ます。
現在、廃盤になってしまっている「Up Front」をプレイしようと思うと、ネットオークションなどでたまに出品される中古のパッケージを購入するしか入手方法がなく、また手に入れたとしても実際に他のプレイヤーの方とどこかで会ってテーブルの上でゲームをする事になります。
しかしながら、発売当時と比べて現在はインターネットで世界中がつながった状態なのですから、ネットを介してプレイする事が出来ないかと、色々調べてみますと・・・。

なんと、オンライン上で「Up Front」をプレイできるツールが存在していました(驚)


3.VASSAL Game Engineを使って・・・


まず、どのような仕組みになっているのかというと、”VASSAL Game Engine”という「ボードゲームをオンラインで対戦可能にするためのゲームツール」がありまして、付属のMOD作成機能を使って有志が作成した「Up Front」のMODを入手し、ゲームの起動時に「Up Front」を指定する事でプレイする事が出来るようになります。
オフラインで一人でユニットやカードを動かして検証したりソロプレイをすることも出来ますが、基本的にはゲーム起動後にVASSALの中央サーバに接続して、他のプレイヤーと対戦する事になります。
ちなみに、ゲームエンジンの入手やサーバとの接続などは全て無料で利用できます。

このゲームエンジンはあくまでネットを介して対戦するためのツールなので、コンピュータを相手に一人で遊ぶ事はできません。(AI機能はありません)
また、ゲームルールは基本的にプレイヤーが全て習得している事が前提のために、ゲーム中の戦闘結果の判定や負けたユニットの削除などは手動で行わなければなりません。

要するに背景のMAP画面や各ユニットの画像、ダイスロールなどがコンピュータ化され、ネットを経由して離れた場所の他のプレイヤーと対戦が出来るようになった、従来のボード版ゲームといった感じになります。

VASSAL:The VASSAL Game Engine公式サイト(英語)
VASSAL:Getting Started Guide(英語)インストール方法はこちらから
VASSAL:Modules一覧(英語)VASSALで起動できるゲームの一覧が載っています
VASSAL:Modules一覧内のUp Front (TAHGC)のページ(英語)

インストールの方法は、公式サイトの”Getting Started Guide”を参照すると一通り載っています。
おおまかな手順としては、”VASSAL Game Engine”はJavaで動くプログラムなので、まずはJavaモジュールをインストールし、その後に”VASSAL Game Engine”をインストールします。
その後は公式サイトの”Modules ”ページを開いて、「Up Front」やその他のお気に入りのボードゲームのMODをダウンロードし、ゲームエンジンの起動後にMODを指定すればゲームが起動します。
実際の”VASSAL Game Engine”を使った「Up Front」のプレイ画面は、上記の”Up Front (TAHGC)のページ”のリンクを参照してください。


4.肝心なのはルールです(汗


さて、ここまで準備ができたところで次は実際にプレイする事になるわけですが、ここにきて問題が・・・。
実はもう長い間プレイしていなかったので「Up Front」のルールをすっかり忘れてました・・・orz
”VASSAL Game Engine”と「Up Front」のMODには、当然ながらルールブックなどは付いていないので、これでは勝手にオレ様ルールを作成してゲームをする事になります。
さすがにそれでは対戦する事も出来ないので、「Up Front」のルールブックを探してみました。

Up Front Online Rulebook(英語)

英語のサイトにてルールブックを発見!!
さすが外人さん、何でもオンライン化して情報の保存と共有をできるようにしています。
そして、日本語ルールブックの方は発見不可能・・・orz

ということは、英文を翻訳して和訳しろという事ですか(滝汗

当方、英文法の知識が無いので正確に翻訳する事はムリなので、何とか日本語ルールブックが手に入らないか探しているのですが厳しそうです。
さすがに今回は協力者の方が必要になりそうな予感(完全に弱気ムードだったり:P)
まぁ、後で間違いを指摘して貰う事を前提にとりあえず誤訳してみるか(笑)

最後に、日本語で「Up Front」の解説をしているサイトがいくつかありました。

Club TUBG:Up Frontカテゴリ一覧リンク(日本語)
蒼き臥竜 戦の真髄:アップフロント奥義(日本語)

「Up Front」は本当に上手く作ってあるゲームなので、今の時代でも手軽に楽しめる優れた作品だと思います。
また、”VASSAL Game Engine”も非常に目の付けどころが良いツールなので、こういったツールを使って無料で過去のゲームが遊べる事は大変素晴らしいです。
公式サイトの”Modules ”ページを見ていると、マルチゲームのDune(デューン:砂の惑星)やカーウォーズ、ボード版のシヴィライゼーションなども見つける事が出来ました。
今後は「Up Front」以外のゲームもプレイしてみたいものです。

んー、誰かデューンの和訳ルールブック掲載してくれないかなぁ。
それと、JUNTA(フンタ)のMOD作成もお願いします(笑)


コミッサール・ドットスキー・・・凄かったなこのキャラ(遠い目


この記事のURLは: http://ryunsk.jugem.jp/?eid=701

2009.11.17  スポンサーサイト - -

| - | - |



この記事のURLは: http://ryunsk.jugem.jp/?eid=
<< 船購入 | main | 序盤の戦闘考察 >>
comment
naowonder, 2006/08/25 19:14

こんにちわ。UP FRONT懐かしくていろいろ検索していたら、このBlog見つけました。貴重な情報いろいろあって、楽しめました。ところで私、日本語解説書もってますので、よければコピーとかいたしましょうか??

隆之介, 2006/08/25 23:43

naowonderさん、いらっしゃいませ。
UP FRONTがオンラインでプレイ出来るのには私も驚きました。
こういったツールによって日本のプレイヤーが再び増えてくれるといいですね。
日本語解説書の方ですが、できればPDFファイルやイメージファイルなどの形で入手できると助かるのですが、お手間が増えて厳しいでしょうか?

naowonder, 2006/08/26 08:37

一度スキャンにトライしてみることにします。

隆之介, 2006/08/26 20:00

お手数おかけします。

水池, 2006/08/27 23:38

懐かしい。アップフロントという文字に引っかかって来ました。
そのアップフロントのネット対戦はやったことがあります。
このようなツールがあることは素晴らしいですよね。
他にも、コロンビアゲームズのイーストフロントとかロンメルインザデザート等を同じようにしてプレイしたことがあります。
時と場所を選ばず、気長にできる上に、棋譜がとれるのも魅力です。

隆之介, 2006/08/28 01:14

水池さん、いらっしゃいませ。
VASSALを使って対戦をなされたのですか、うらやましいです。
現在のネットゲームは連続作業を強要されるロールプレイングゲームや、瞬間的な反応速度を求められる対戦アクションゲームが主流なので、ゆっくりと作戦を考えながらもプレイ時間が短くて済む、こういったゲームがもっと増えて欲しいと思っています。
誰か昔の作品の版権を買いとってネットゲームにしないかなぁ・・と、甘い期待をしているのですが、商業的に見るとやはり厳しいのでしょうね(笑)
水池さんのブログはウォーゲームに関する内容が面白いので、これからも拝見させて頂きます。

なっとう屋, 2008/12/23 21:00

UP FRONT懐かしいですねぇ
高校生の頃学校で友達とよくプレイしてました。
確か空から鉄条網が降ってくるゲームですよね?

隆之介, 2008/12/24 21:39

なっとう屋さん、いらっしゃいませ。
空から鉄条網が降ってきたり、突然、目の前に森が現れたりするのはご愛嬌ですが、対戦ゲームとしては良く出来たゲームだと思います。
こういった感じのゲームがもっと増えてくれるといいですねぇ。

-, 2009/08/27 18:25

管理者の承認待ちコメントです。

-, 2009/09/03 13:29

管理者の承認待ちコメントです。

-, 2010/05/08 12:07

管理者の承認待ちコメントです。










trackback
url:http://ryunsk.jugem.jp/trackback/701
-, 2007/08/11 11:38 AM
-

管理者の承認待ちトラックバックです。