search this site.
topic
【Blitzkrieg2】
 第二次世界大戦RTS
【Harpoon3:ANW】
 現代海戦ウォーゲーム
【Up Front】
 VASSAL Game Engineでアップフロントをプレイする
【ATFレポート】
 Armored Task Forceを使って陸戦で指揮統制する
【Riskレポート】
 コンピュータゲーム版リスクをプレイする
categories
archives
profile
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
アクセスカウンター
ACCESS COUNTER
今日: ACCESS COUNTER
昨日: ACCESS COUNTER
sponsored links

2009.11.17  スポンサーサイト - -

| - | - |

一定期間更新がないため広告を表示しています



この記事のURLは: http://ryunsk.jugem.jp/?eid=

2008.06.14  ブリッツクリーグ2を制覇 - RTS(BK2)雑記

| comments(1) | trackbacks(0) |

買ったままクリアしていない積みゲーを消化しよう!!ということで、BK2(Blitzkrieg II)のシングルミッションをようやく全てクリアしました。

自分のブログを調べてみると、BK2を購入してから2年近く経っていました。
うーむ、放置しすぎたか・・・(汗

ミッションの方は、1プレイが20分から1時間くらいで終わるので、脳トレ気分でちょこっと遊ぶにはちょうどいいですね。

ただ、後半の難易度が高いミッションは1回でクリア出来ないことも多く、トライ&リセットをしながらAIのスクリプトを覚えて攻略していく感じになってしまいました。

あと、私の場合は2箇所くらいで同時に戦闘が発生すると、途端に操作が追いつかなくなるので、RTS(Real-time Strategy)タイプのゲームは、やはり向いてなさそうです・・・(滝汗

そんなわけで、BK2の記事はこれで更新終了になるかな。
ゲームシステムも良く出来ていて、買って損はしないゲームでした。


この記事のURLは: http://ryunsk.jugem.jp/?eid=880

2006.11.11  BK2記事作成時の作業量をチェックしてみる - RTS(BK2)雑記

| comments(0) | trackbacks(0) |

ここのところブログの記事更新頻度が落ちてきてますが、実際にはブリッツクリーグ2(Blitzkrieg II:BK2)の記事をUPする為にかなり集中的に作業しております。

BK2の記事を作成する時に、「公式キャンペーンミッションの攻略記事とプレイムービーの作成を行う」場合と、「オリジナルマップとその解説記事の作成を行う」場合では、1つの記事をUPするのにどちらもほぼ付っきりの状態で作業して、だいたい1〜2週間程度の日数がかかることが分かりました。

記事の内容的には大した事は何も書いていないのですが、自分のこなせる作業量ではかなりの時間が必要になってしまいます。
流石にこのペースで延々と作業を続けるのは時間的に厳しいので、今後はBK2の作業ペースを落としていく予定です。
実は、当ブログは面白そうなゲームを取り上げレポートを記録していくのが目的なので(いつの間にかそんな感じのスタイルになってしまいましたが・・笑)、もう少し時間的な余裕を持って色々なゲームに取り組みたいんですよね。

オリジナルマップの作成では、作ったり試したりしたいシチュエーションがまだまだあるので、これからも焦らず急がずで作成していきたいです。

現在は、ミリタリーモノの書籍などをちょこちょこ買ってきては読んでいる事が多いです。
第二次世界大戦特有の名称や言葉の言い回し、部隊編制や戦術の方法などをもっと吸収して、マップ作成や解説記事などに反映していければいいなと思います。

しかしまぁ、WWIIモノの資料はどこから手を出したら良いのか分からないほど数が多すぎて困りますね・・・(汗


この記事のURLは: http://ryunsk.jugem.jp/?eid=731

2006.10.09  エディタの不正終了対策を考えてみる - RTS(BK2)雑記

| comments(0) | trackbacks(0) |

ここのところずっとBK2でオリジナルマップを作成するために、マップエディタでちょこちょことマップを作成しているのですが、どうもリアルラックが落ちてるというか全てが裏目に出ている感じで全く進行していないです・・・orz

当初は4*4サイズの小さなマップを作成していたのですが、こんな小さなマップでも作成時の手間が思った以上に大変なんですよね・・・(汗
そこで、マップ作成の手間を省く為に比較的大きなマップを作り、”演習場”と称してマップを使い回ししようかと考え、8*12サイズ(4*4サイズ6枚分)のマップ作成に手を付けました。

作業を始めてから半分位マップを作ったところで、ふと思い立ってBK2の「ハイパースクリーンショット作成機能」で全体マップを撮影してみたのですが、何度やっても全体マップが撮影出来ず・・・(滝汗
どうなってるの!?って事で色々調べてみると、【当サイト:BK2マップエディタの小技-BK2日本語版でハイパースクリーンショットを作成する】に書いた内容になっていることが分かりました。
自分の記事では全体マップを使って地形判断、統制図作成などを行うので、これがないと話にならないことから、泣く泣くマップを削除です。

ハイパースクリーンショットで全体マップを撮影する人は、マップ作成当初からマップサイズには注意した方がいいですね。

次に、ハイパースクリーンショットが正常に撮影できる8*8サイズのマップを使って、マップ内を全て市街地にした市街戦マップを作成し始めました。
BK2のマップエディタは頻繁に不正終了する事は分かっていたので、こちらも作業中は頻繁にファイルのセーブを行っていたのですが、だいたい80%程マップが完成したところでエディタが不正終了し、その時に何とマップファイル「mapinfo.xdb」を含めた諸々のファイルまで一緒に破壊されたようで、フォルダからさっぱりと削除されてました・・・(笑)

もうこうなってしまうと、どんなに注意してファイルをセーブしても何にもならないわけで、損害を減らす為には一定作業毎に区切りをつけ、フォルダごと別の場所へバックアップコピーしておくしか方法がありません。
しかし、この場合でもマップエディタが、起動時に所有するマップの情報を別のXMLファイルで全体管理しているようなので、壊れた場合に単にバックアップ用フォルダのファイルをコピーしただけでは上手く認識&正常動作しないかもしれません。

そんなわけで、とりあえずですが不正終了対策として気がついた事を上げてみます。

・一定作業毎に区切りをつけ、フォルダごと別の場所へバックアップコピーする
 ”C:¥Program Files¥Blitzkrieg 2¥EXE¥Data¥Custom¥Missions¥マップ名のフォルダ”をバックアップする
・作業中はこまめにセーブする
・一定量作業したエディタは一度終了し、再起動して作業を続行する(2時間位を目安にしてみる)
・先にマップの下絵や部隊構成・配置図など(要は全ての情報)を作成しておき、マップ作成時はそれに沿って無駄なく作成していく。これによって作業中に要らなくなったオブジェクトの「削除」や、移動・設置の「やり直し(Undo)」などをなるべく行わない(不正終了の可能性が極めて高いです)

数時間、数十時間をかけて作成したマップが一瞬で無くなってしまうのは精神的にも大変な損害なので、何とか工夫して無くさないようにしたいものです。
まぁ、そんなことより不正終了しないまともなエディタを作ってくれれば、一番いいんですけどね(笑)


この記事のURLは: http://ryunsk.jugem.jp/?eid=720

2006.09.25  ブリッツクリーグ2はじめました - RTS(BK2)雑記

| comments(0) | trackbacks(0) |

前回、陸戦モノのウォーゲームがやりたいと思い、RTSのデモ版などをいくつかプレイしたのですが、その中から細かいルールや優れたMAP&シナリオ作成機能が付いていて色々と柔軟性が高い、ブリッツクリーグ2(Blitzkrieg II)日本語版を購入しました。

今後は手軽にプレイできるオリジナル小MAPなどを、テーマを決めて作っていこうと予定しています。

付属のキャンペーンミッションをプレイしてみる


早速、マップエディタでオリジナルマップを作成中♪


当サイトの【Blitzkrieg2研究白書2006】はこちらからどうぞ。


この記事のURLは: http://ryunsk.jugem.jp/?eid=714